エステマシンのレンタル料金や種類は?返却までの流れや活用法なども解説

「エステに行きたいけど、なかなか時間を作れない」
「家で気軽にエステができたらいいのに」

そんな想いに応えてくれるのが、エステマシンのレンタルです。自宅に業務用のエステマシンを配送してもらうため、自分の好きなタイミングでセルフエステができます。気になる部位や悩み、予算に合わせて選べるのも、レンタルサービスの魅力といえるでしょう。

この記事では、エステマシンのレンタル料金や種類、返却までの流れやエステマシンの活用方法などをご紹介します。エステマシンのレンタルに関心がある方は、ぜひ参考にしてください。

レンタルできる主なエステマシン

レンタルできるエステマシンにはさまざまなものがありますが、主なものはキャビテーション・EMS・LED・ラジオ波(RF)・マイクロカレントです。1つずつ、どんな効果があるものかご紹介します。

キャビテーション

セルライトケアしたい方に最適なのが、キャビテーションです。超音波で、体内の脂肪細胞にピンポイントで働きかけることで、脂肪細胞を破壊します。

一般的なダイエットでは、脂肪細胞を減らすことはできませんが、キャビテーションならば可能です。気になっていたセルライトが目立たなくなるでしょう。短期間に結果を出したい方、部分痩せしたい方にもおすすめです。

EMS

EMSは、電気刺激を体に与えて、筋肉を動かす機械です。筋肉に働きかけることで 脂肪燃焼を促進し、体を引き締めることができます。運動しなくても筋トレと同じ効果を実感できるので、運動が苦手な方にもおすすめです。

一般的なダイエットでは、胸から痩せていってしまう方も、EMSなら二の腕や太ももなど気になる部位だけを引き締めることが可能です。

LED

LEDは照明でも使われていますが、美容でも活躍しています。専用機器で肌に照射することで、美肌効果が期待できるのが、LEDの特徴です。よく使われる色は青色LED・赤色LED・白色LEDの3つで、色によって効果が異なります。

たとえば、青色はニキビ改善や皮脂の分泌抑制に効果的です。赤色は、肌の弾力アップ効果や、くすみやクマの改善などが期待できるでしょう。白色は、しわやたるみの解消などのエイジング効果が期待できます。

ラジオ波(RF)

ラジオ波(RF)は、冷えて固まった脂肪を温めて、代謝を促進する働きがあります。
ボディ用のRFは、脂肪燃焼や血行促進効果が期待できるため、引き締まったボディラインに近づくことが可能です。

一方、フェイス用のRFの場合、リフトアップや毛穴引き締め効果などを実感しやすいです。また、むくみや目の下のクマの改善、ほうれい線のケアなども可能です。

マイクロカレント

マイクロカレントは、リフトアップしたい方に適しています。微弱電流で細胞を活性化して、筋肉を鍛えることで、肌を改善します。ターンオーバーを正常化させ、肌にハリがでるほか、シワやたるみの改善も期待できるでしょう。

エステマシンのレンタル料金は高い?

マシンにもよりますが、レンタル料金は月13,000円くらいから30,000円くらいが一般的です。エステサロンに足を運ぶ必要がないので、交通費がかからないし、いつでも好きなだけエステすることができます。時間もお金も節約できる上、多機能のタイプが多いので、コスパ抜群といえるでしょう。

レンタルから返却までの流れ

エステマシンをレンタルするのが初めての方は、レンタルから返却までの流れを理解しておくと安心です。

商品の選択

まず、公式サイトで、利用したいマシンを選びます。注文する前に、自分のニーズに合っているマシンかどうか、確認しましょう。

注文・支払い

必要事項を入力して、注文します。注文の際に、顔写真や身分証の登録が必要なこともあります。支払いは、クレジットカード払いのみのケースが多いです。

商品の到着・レンタル開始

商品が到着したら、マシンをいつでも好きなときに利用可能です。マシンの設定レベルは、必ず守りましょう。また、同じ部位に使用する時は、一日空けることをおすすめします。

解約・返却

解約するときは、サポートセンターに連絡する方法もあれば、メールする方法もあります。また、期日までに返却するものもある一方で、期日2日後までの返却でよいものもあるので、返却の締切日も事前に確認しておくとよいでしょう。

なお、レンタル時に届いた段ボールは、返却時に使うことが多いです。レンタル期間終了まで、大切に保管しておいてください。

エステマシンをレンタルする際の確認ポイント

エステマシンをレンタルしたいときは、契約前に利用規約に目を通してください。長い利用規約を隅から隅まで読むのは大変ですが、以下の5つのポイントは、必ず確認しておきましょう。

初回登録料・月額料金

継続して利用するには、無理なく支払える金額であることもポイントです。レンタルサービスを行っている会社は幾つかあるので、初回登録料や月額料金を比較してみてください。マシンの種類やサービス内容を考慮した上で、お得かどうか判断するとよいです。

支払い方法

支払い方法も、事前にしっかりと確認しておきましょう。クレジットカードのみのケース、クレジットカードまたは銀行口座からの引き落としのケースが多いです。一般的に、デビッドカードの利用はできないので、注意してください。

縛り期間

プランには、1ヶ月の短期契約が可能なサービスもあれば、6ヶ月解約できないものや12ヶ月解約できないサービスもあります。短期集中で利用したいならば短期契約がよいし、1年かけてじっくりとケアしたい方には、長期レンタルがおすすめです。

入会特典が豪華だったり初回価格が極端に安かったりすると魅力的に感じやすいですが、縛り期間が長い可能性があります。

解約方法

解約方法は、会社によって異なりますが、電話やメールが一般的です。次回注文の変更締切日までに解約の手続きが必要なケースが多いです。期限日までに解約しないと、次回以降の請求も発生してしまいます。

故障時の本体保証

自宅で利用中に故障した場合の対応も、確認しておいてください。送料負担のみで本体を交換できるケースもあれば、新品価格の半額で再購入できるケースもあります。

レンタルしたエステマシンを活用する方法

エステマシンをレンタルしたら、効果を最大限実感したいものです。そのためには、ニーズに合うマシンを選ぶことと、直感的に操作できるマシンを選ぶことが重要です。

ニーズに合うマシンを選ぶ

レンタルできるマシンは、それぞれ機能が異なります。自分のニーズに合うマシンを選びましょう。多機能タイプであっても、自分のニーズに合う機能があるとは限りません。また、体と顔の両方をケアしたい方は、体と顔の両方に使えるものを選びましょう。

直感的に操作できるマシンを選ぶ

ストレスなく利用するには、直感的に操作できるマシンを選ぶことをおすすめします。使い方が難しいと、その都度動画で使い方を確認することになり、だんだん面倒になってくる可能性があります。

液晶パネルのマシンであれば、操作が比較的簡単で、誰でも使いやすいです。会社によっては、スタッフによるオンラインレクチャーがあるところもあります。

そのほかの方法でケアする方法

マシンをレンタルすると、自宅のどこかにマシンの置き場所を確保する必要があります。コンパクトなものもありますが、場所をとるものもあるので、マシンをレンタルするのは難しい方もいるかもしれません。

そこで、そのほかの方法で身体や肌のケアをする方法をご紹介します。具体的には、自宅でのマッサージ、エステやセルフエステに通うという方法です。

自宅でマッサージ

1つめは、自宅でのマッサージです。お風呂やシャワーの後など、体が温まっているときは、マッサージに最適なタイミングです。

太ももや二の腕、おなかなど、気になる箇所の血行やリンパの流れをよくしましょう。リンパ管が集中しているところを優しく刺激することで、老廃物を排出しやすくなります。

リンパの流れは決まっているので、色々な方向にマッサージするのでなく、同じ方向にマッサージしてください。マッサージを日々の習慣にすると、セルライトがだんだんと目立たなくなる可能性があります。

エステに通う

2つめは、エステに通うという方法です。自分でお手入れするのは大変という方には、エステに通う方法をおすすめします。エステなら、プロのエステティシャンにお任せすることが可能です。

非日常的なゆったりとした空間の中で、施術してもらうことで、リフレッシュ効果も期待できるでしょう。

セルフエステに通う

3つめは、セルフエステに通う方法です。エルフエステは、月額制で通い放題のことが多いです。店に通いますが、エステティシャンではなく、自分で施術します。個室内で業務用のエステマシンを使って施術するので、人の目が気になることもありません。

エステならば、この部分をもっと施術してほしいと思うことがあるかもしれませんが、セルフエステなら、気になる箇所を集中的に施術することも可能です。自分のペースで通いたい方や施術メニューをカスタマイズしたい方は、セルフエステがおすすめです。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。 「最初に説明を受けただけでは分からない」 「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」 「エステを受けたことがないから正解が分からない」 このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

まとめ

 

本格エステを気軽に体験するなら、エステマシンをレンタルするという方法も1つの選択肢です。短期間で集中的に痩せたいけど、エステに通う時間はない方や、家でじっくりと顔のお手入れをしたい方にも適しています。

気軽に利用できる分、入会前には規約で解約金や支払い方法などを確認しておくことが欠かせません。エステマシンをレンタルするほかにも、自宅でのマッサージ、エステやセルフエステに通う方法もあるので、自分にぴったりの方法を探してみてください。

肌の種類と原因!セルフケアで改善できる?おすすめの改善法は?

誰もが憧れる、健康的で美しい肌。しかし、私たちの肌は体の外側からも内側からも影響を受けて、様々なトラブルが起こることがあります。

乾燥、ニキビ、毛穴、シワなどの肌悩みには異なる原因があり、それに応じた適切なケアが必要です。この記事では、肌悩みの主な種類とその原因を見ていきます。

さらに、肌悩みを少しでも改善するために日々心がけておきたいこと、効率的に美肌を叶えるためのセルフエステについてもご紹介します。毎日美しい肌で過ごすための参考にしてみてください。

肌悩みの種類と原因

どのような肌悩みがあるのかは人それぞれ。年代や生活習慣、生活環境によっても異なりますが、代表的な肌悩みとして以下の5つを取り上げます。

  • 肌の乾燥
  • ニキビや吹き出物
  • 毛穴
  • シミやそばかす
  • シワやたるみ

肌の乾燥

肌の乾燥は、赤ちゃんから年配の方まで幅広い世代に起こりやすい肌トラブル。肌の水分量が低下して乾燥すると、肌の突っ張りやかさつきを感じたり、粉が吹いたり、かゆみや痛みが出てきたりします。

うるおいが十分にある肌は、紫外線や細菌、摩擦など外の様々な刺激から肌を守ることができます。しかし、肌のバリア機能がうまく働かないと、角質層の水分が保持できなくなり、外部刺激を受けやすい状態になってしまいます。乾燥している状態が続くと、いつもは感じない刺激にも敏感になり、他の肌トラブルを引き起こす可能性も。

肌の乾燥の原因

肌が乾燥する原因は多岐にわたり、いくつかの原因が重なって乾燥を引き起こすことが
あります。空気が乾燥している冬は肌も乾燥しやすいイメージがありますが、紫外線が強くなる春、エアコンの風を浴びる夏、木枯らしが吹く秋、肌は一年中乾燥しやすい環境にあると言えます。

肌を清潔に保つために洗いすぎたり、ゴシゴシとこすったり、熱いお湯で顔を洗ったりするのも乾燥の原因。また、栄養バランスが悪い食事や慢性的な睡眠不足によって、体内のホルモンバランスや肌のターンオーバーが乱れると、乾燥しやすい肌になってしまいます。

ニキビや吹き出物

思春期の頃から増えてくるニキビ。皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、アクネ菌が増えることで炎症が生じます。顔に大きなニキビがあると目立つため、悩む人が多い肌トラブルのひとつ。白、赤、黄色と状態によって色が異なり、痛みを伴う場合もあります。

大人になってからのニキビは吹き出物と呼ばれることが多いですが、一般的には同じもの。顔だけでなく体や頭皮にもニキビができることがあります。ニキビを潰したり、膿を無理に出そうとしたりするのはNG。適切なケアをしないと、ニキビ跡が長く残ってしまいます。

ニキビや吹き出物の原因

思春期にできるニキビは、成長過程における体やホルモンバランスの変化が大きな要因。一方でストレスや生活習慣の乱れも関係しています。肌のターンオーバーが正常に行われないと毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因に。

月経前は皮脂の量が増え、ニキビをはじめとした肌トラブルが起こりやすくなります。肌が脂っぽいからと言って保湿を怠ると、乾燥してバリア機能が落ち、結果的にニキビにつながることもあるので注意が必要です。

毛穴

毛穴の悩みとひとことで言っても、毛穴の開きや黒ずみ、たるみ、凹凸、角栓など種類は様々。顔の中でもTゾーンと頬は特に毛穴のトラブルが起こりやすい部位です。毛穴が目立つことで肌の質感が粗く見えたり、メイクのりが悪くなったりしてしまいます。

汚れや皮脂、古い角質が合わさって角栓となり、毛穴詰まりの原因に。さらに、皮脂が酸化することで黒ずみを引き起こします。毛穴に詰まった角栓や汚れを無理に押し出すと、かえって肌にダメージを与え、毛穴の開きや凹凸につながりかねません。

毛穴悩みの原因

皮脂の過剰な分泌や肌の乾燥、紫外線などが原因。メイクや汚れをしっかり落とさないと毛穴詰まりの原因になるため、適切なクレンジングや洗顔によって肌を清潔に保つことが重要です。洗い終わったら保湿も忘れずに。

毛穴の開きは、加齢によって肌の弾力やハリがなくなってくるのが一因。肌がたるむことで毛穴のたるみも目立つことがあります。紫外線によるダメージも大きいため、日頃からUV対策をしっかり行いましょう。

シミやそばかす

シミは、肌の内部で生成されるメラニン色素が沈着することで肌に出現します。茶色っぽく、大きさは様々。濃いシミは目立つため、ファンデーションやコンシーラーでカバーする場合が多く、悩む人も多い肌トラブルです。

シミはある程度年齢を重ねてから出てくるのに対して、子どもの頃から出てくることが多いのが、そばかす。小さな斑点が頬や鼻の周りにポツポツと現れます。

シミやそばかすの原因

シミの原因として挙げられるのは、紫外線やストレス。日常的に強い紫外線やストレスを受けているとメラニンが増加し、シミもできやすくなります。シミをなるべく作らないために、日焼け止めをこまめに塗ったり、外出の際に日傘を使ったりして紫外線の対策を念入りに行いましょう。

そばかすのできやすさは、遺伝も関係があると言われています。新しいシミを増やさないためにもしっかり紫外線対策をし、規則正しい生活を送ることが大切です。

シワやたるみ

年齢を重ねると肌に刻まれるシワ。目元、口元、眉間、額にできやすく、うっすらとしたシワ、深くくっきりとしたシワ、笑った時だけ現れるシワなど、顔の部位によっても異なる特徴があります。シワが多いと老けて見られやすく、化粧品でカバーしきれないため、厄介な肌悩みと言えます。

肌の弾力やハリが失われると、徐々に肌がたるんできます。たるみが起こる部位としては、目元やほうれい線、フェイスライン、首元などが代表的。肌がたるむことで表情が暗く見えたり、顔が大きく見えたりすることもあります。

シワやたるみの原因

コラーゲンをはじめとした肌の弾力を維持する成分が加齢とともに少なくなり、肌がたるんできて、シワが現れます。紫外線のダメージや乾燥によって肌のキメが乱れることもシワやたるみを生み出す原因。

眉間にシワをよせるなど、いつも同じ表情をしていると、そこにシワが刻まれることがあります。たくさん笑うと目尻や口元にシワがよりますが、シワを気にして無表情でいるよりも表情豊かに過ごしている方が、結果として若々しい印象を与えるはず。顔の筋肉をしっかり動かすことで、たるみの予防にもつながります。

年齢で感じる肌の悩み

幅広い肌悩みがありますが、年齢によって悩みは少しずつ異なるもの。20代〜50代の年代別の肌悩みを簡単に紹介します。

20代の肌悩み

20代の肌悩みとして多いのは、毛穴やニキビ。若い頃は皮脂の分泌が多かったり、ホルモンバランスが整っていなかったりすることがあり、肌荒れの一因となります。放置するとニキビ跡や毛穴の開きにつながるため、早めのケアが大切です。

30代の肌悩み

30代は、20代の頃と比べてうるおい不足やハリ不足が気になる年代。肌が乾燥するとキメが乱れ、肌の弾力やハリが失われます。若々しい肌でいるために、しっかり保湿をすることが重要になります。

40代の肌悩み

40代の悩みとして挙げられるのは、シミや肌のたるみ。これまでの紫外線ダメージがシミとなって現れやすくなります。加齢とともに肌の柔軟性やハリがなくなってくると、たるみの原因に。基礎化粧品を見直し、丁寧なスキンケアを心がけましょう。

50代の肌悩み

50代では、肌の乾燥や長年の表情のクセなどが関係して、深いシワが刻まれることがあります。また、シミが濃くなったり、血行が悪くなったりすると肌全体のくすみにつながります。ホルモンバランスも変化しやすいため、健康的な生活を送ることが美肌維持の要。

セルフケアでの改善法

肌の悩みを改善し、新しい肌トラブルを予防するためには、毎日のスキンケアと生活習慣の見直しが肝心。セルフケアの場合、短期間で劇的に改善するのは難しいものの、日々の積み重ねで美しい肌に近づけます。

優しく洗顔

肌を清潔に保つことは大切ですが、洗いすぎは禁物。強くこすったり、顔に熱湯をあてたりすると余計にダメージを受けてしまいます。まずは手を清潔にして、たっぷりの泡を顔にのせて包むように洗い、丁寧に洗い流すのがポイント。肌になるべく負担をかけずに洗顔することが、美肌作りの土台となります。

適切なスキンケア

洗顔後はすぐにスキンケア。肌の乾燥は様々なトラブルを引き起こすため、しっかり保湿してうるおいのある肌を目指すのが重要です。乾燥がひどい場合はしっとりタイプ、皮脂が多い場合はさっぱりタイプ、敏感な場合はマイルドタイプのように、自分の肌質やその時のコンディションに合わせてスキンケア用品を選ぶのがベスト。

化粧水や乳液の中には、ビタミンCやヒアルロン酸、レチノールなど肌悩みに対応した成分が配合されている商品があります。各商品の使用方法や使用量をきちんと確認し、適切に取り入れることを意識しましょう。

健康的な生活習慣

どれほどスキンケアに力を入れても、暴飲暴食や睡眠不足、不規則な生活を続けていては美肌は遠のくばかり。過度なストレスやホルモンバランスの乱れは肌トラブルの引き金になります。

生活するうえで大切なのは、栄養バランスの良い食事、質の良い睡眠、定期的な運動、適度なリフレッシュ。健康的な生活習慣が健やかな肌へとつながります。

紫外線対策

シミをはじめ、あらゆる肌トラブルの元となる紫外線。室内にいる時や雨の日は油断しがちですが、季節や天気を問わず紫外線の対策は必要です。

日焼け止めはジェル、クリーム、スティック、スプレーなど多様な種類が展開されています。日中は日焼け止めをこまめに塗り直すほか、外出時に日傘や帽子を使用するのもおすすめ。顔だけでなく首や手足の紫外線対策も忘れずに。

セルフエステで効果的にケア

健やかな肌をキープするには規則正しい生活と丁寧なスキンケアが必要不可欠。でも、家で地道にケアしても変化がわかりにくい、ケアの方法が自分に合っているか不安という人も多いはず。

そんな人には、美容マシンを用いて自分で施術をするセルフエステがおすすめ。高性能マシンで気になる肌悩みに効果的にアプローチできます。

家では難しい本格的なケアができて、一般的なエステサロンに行くよりもリーズナブル。ニキビや毛穴、たるみ、むくみなど幅広い悩みに対応しているのもうれしいポイントです。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。

「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など、目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、お部屋のベッドメイキング、徹底した衛生管理を行っております。店舗の掃除はもちろん、アメニティの充実など。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどを30分程度の動画にまとめ、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

まとめ

適切なスキンケアをベースにしながら、セルフエステのケアを取り入れることが美しい肌への近道。コツコツとケアを続けることで、今の肌悩みを改善するだけでなく、未来の肌にも自信を持てるようになります。理想の肌を目指して、できることからひとつずつ取り組んでいきましょう。

セルフエステとエステの違いは?セルフエステ利用時の注意点なども解説

若い女性を中心に利用者が増えているのが、セルフエステです。利用してみたいけど、エステとの違いがよくわからない方もいるかもしれません。この記事は、セルフエステとエステの違い、入会前に確認しておきたいこと、セルフエステを利用する際の注意点などについて、解説しています。セルフエステが自分に向いているか、続けられそうか心配な方は、ぜひご一読ください。

セルフエステとは

セルフエステは、名前の通り、自分自身でエステを行うところです。セルフエステサロンで、プロ仕様のマシンを使って自分で施術します。さまざまな美容機器を気軽に試せる上、気になる箇所を集中的にケアすることが可能です。

セルフエステとエステの違い

セルフエステは、エステとさまざまな違いがあります。料金システムやサービス内容が大きく異なるので、それぞれの違いを理解しておきましょう。

料金

エステは、フェイシャルエステでも30分で約5,000~20,000円、痩身エステや全身エステなら1時間で約10,000~30,000円かかります。継続して通うとなると、ハードルが高く感じる人も多いです。
一方、セルフエステは、とてもリーズナブルです。利用料金は月数千円で、使い放題になっていることが多いため、気軽に通えます。

基本的に、料金プランは、月々払いと都度払いの2つに分かれています。月々払いは、定額で1~2回程度行けば元を取ることができます。都度払いは、その都度料金を支払う必要があり、単価が高くなります。一方、行きたい時に行けるというメリットもあるので、ライフスタイルに応じて選ぶ必要があります。

なお、月々払いのプランには、マシンの使用料金も含まれていますが、都度払いのプランはマシンの使用料金が含まれていないことが多いです。

施術を行う人

プロのエステティシャンが施術してくれるのが、エステです。エステでは、肌質や当日の肌の状態などを確認して、適切な施術を行ってくれます。
とはいえ、きめ細かい施術は嬉しいけど、エステティシャンとの会話や勧誘などの対応が面倒という人もいるかもしれません。また、自分の身体を見られたり触られたりすることに抵抗がある人もいます。
その点、セルフエステサロンは、自分で施術を行うので、エステティシャンに身体を見られることもないし、面倒な勧誘もありません。

ケアできる部位

エステにはさまざまなコースが用意されていますが、コースに組み込まれた施術の中には、「ここはやらなくてもいいけど」「この部分をもっとやってほしい」と思うことも、ときにはあるでしょう。

一方、セルフエステならば、自分が気になる部分を集中的に施術することが可能です。ただし、おなかや脚、顔などは自分で施術しやすいですが、背中や二の腕となると、施術が難しくなってしまいます。

また、美容機器は重いものが多いので、使い慣れるまでは、腕や肩に負担がかかる可能性もあるでしょう。

予約方法

基本的に、エステは予約が必要です。さらに、担当エステティシャンの都合が悪かったり、マシンの空きがなかったりすると、予約できません。また、予約が取れていても、当日に急用が入ったり体調を崩したりして、キャンセルせざるをえないこともあります。

その点、セルフエステなら、自分の好きな日時を予約できます。使用したい美容機器が空いていれば、当日でも予約可能です。すき間時間も有効活用できるのは、セルフエステならではでしょう。

カウンセリングの有無

エステにはスタッフが常駐しているので、カウンセリングを行うのが一般的です。初回契約前に、肌を診断するほか、顧客の希望を聞いた上で、最適なプランを提案することが多いです。
契約内容や施術で不明点があれば、カウンセリング時に質問することができます。また、施術後には、アフターカウンセリングを受けることがほとんどです。
それに対して、セルフエステでは、カウンセリングが短いところや、カウンセリングはほとんどないところが多いです。マシンの使用方法の説明を受けることもありますが、スタッフが常駐せず、動画のみでマシンの使用方法を確認するケースもあります。
スタッフがいない場合、契約約款やリスクについての説明が不十分になってしまいがちです。

リラックス効果の有無

「リラックスしたいからエステ」に行くという人も、少なくありません。エステは高級感のある内装で、リラックスできる空間づくりを行っていることがほとんどです。
非日常な空間の中で、エステティシャンにマッサージやシャンプーをしてもらうひとときは、格別です。このように、リラックス効果を得られるのは、エステの大きな魅力です
。一方、セルフエステは、シンプルな内装になっていることが多いです。自分で施術するのは気楽ではありますが、リラックス効果は期待できないでしょう。

セルフエステがおすすめの人

セルフエステをおすすめしたい人は、スケジュールや食生活などを自分で管理できる人です。セルフエステは、正しいペースや使用方法を守らないと、効果を実感できません。そして、長期的に通うことが重要です。

セルフエステに通うことで満足するのではなく、食生活や運動、自宅でのお手入れなども意識できる人は、効果を実感しやすくなるでしょう。また、ある程度美容の知識があり、美容機器の使い方やメカニズムを理解できている人も、セルフエステが向いています。
エステに通ったことはあるけど、自分のペースで気楽に通いたいという人は、セルフエステを試してみてもいいかもしれません。

エステがおすすめの人

一方、エステをおすすめしたい人は、非日常的な空間でゆったりと過ごしたい人です。せわしい日常から離れてリラックスしたいならば、エステサロンが最適です。また、美容初心者の方にも、エステの方が適しています。

美容機器を1人で使うのは心配という方は、プロにお任せしましょう。自分の肌質や悩みに合ったお手入れをしてもらえるし、気軽に相談できるので、安心です。

入会前に確認しておきたいポイント

 

セルフエステとエステを比較した上で、セルフエステに入会しようと決めた場合、以下のポイントを確認してください。もし、不明点があれば、スタッフに質問しましょう。少しでも不安がある状態では入会しないことが、トラブルを防ぐポイントです。

どんな美容機器を利用できるか

セルフエステでは、さまざまな美容機器を利用できます。最新の美容機器を揃えているサロンもあるし、フェイシャルエステに特化しているサロンもあるので、自分の悩みに応えてくれる美容機器があるかチェックしてみてください。

例えば、シワやシミを何とかしたいときと、肌のたるみを解消したいときでは、使うべき美容機器が異なります。体の悩みに関しても、同じことがいえるでしょう。美容機器の種類が多いと、色々なものを気軽に試しやすいです。

スタッフ常駐型か

スタッフが常駐していれば、器具の使い方について気軽に質問できるので安心です。万が一、火傷などのトラブルが発生しても、すぐに適切な対処法を教えてもらえるので、心強いでしょう。セルフエステを選ぶときは、スタッフが常駐しているサロンを選ぶことをおすすめします。

リスクに関する説明があるか

セルフエステは、自分で施術するため、誤った使い方をすると事故につながることもあります。特に、効果の高い美容機器ほど、肌へのダメージや副作用は強くなりやすいです。

スタッフにリスクや注意点について質問しても、十分な説明がない場合は、その店を避けた方がよいでしょう。利用者の安全を考慮して、リスクについても説明してくれる店の方が、安心です。

契約約款に不明点はないか

契約約款には、契約継続期間や違約金、機器の故障等による傷害があった場合の保障内容などについて、記載されているはずです。内容をしっかりと確認して、不明点があればスタッフに質問してください。

オンラインでの契約の場合も、必ず契約約款に目を通します。顧客にとって不利な内容が記載されている可能性もあるので、すみずみまで確認してください。不明点があるうちは、契約書を出されても契約してはいけません。

もし、その場で詳細確認が難しい場合は、いったん契約書を持ち帰ることをおすすめします。

セルフエステを利用する際の注意点

お目当てのセルフエステに入会したら、張り切って毎日のように通いたくなる人もいるかもしれません。しかし、セルフエステを利用してからといって、すぐに効果が出ないでしょう。

焦らずに、一定のペースで通うことが重要です。そのほかにも、自己流でやらないこと、食事制限やトレーニングなども、意識しましょう。

自己流でやらない

動画やスタッフの説明だけではきちんと理解できなかったのに、なんとなく自己流で美容機器を扱うと、とても危険です。肌にダメージを与えて、火傷することもあります。特に、顔は皮膚が薄くデリケートなので、自己流でやることは避けてください。

食事制限や運動も必要

セルフエステは、食事制限や適度な運動などを同時に行うことで、より効果が高まります。食事制限といっても、食事を抜いたり極端なカロリー制限をしたりする必要はありません。

脂っこいものや塩辛いものなどを避けて、栄養バランスのよい食事を心がけてください。ウォーキングや水泳など、適度な運動も取り入れたら、基礎代謝が上がり、痩せやすい身体に近付くでしょう。

定期的に通う

セルフエステは、月額通い放題で利用する人が多いです。しかし、頻繁に利用すると、肌にダメージを与えてしまいます。一定の頻度で定期的に通うことが、肌のダメージを防ぐポイントです。何日にどこにどのくらい照射したか記録しておくと、通うペースを把握しやすいです。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。 「最初に説明を受けただけでは分からない」 「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」 「エステを受けたことがないから正解が分からない」 このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

セルフエステで結果を出せるかは自分次第!ライフスタイルやニーズに合わせて上手に活用しよう

 

セルフエステは、従来のエステと違って、リーズナブルにさまざまな美容機器を利用することができます。ただし、自分で施術を行う必要があります。使い方やリスクを理解しないまま、自己流に使ってしまうと、効果がなかなか出ないし、事故につながる恐れもあるでしょう。

「セルフエステに入会したから安心」ではなく、セルフエステを活用しながら、食事や運動なども意識して、健康的な生活を心がけてください。ライフスタイルやニーズに合わせて、セルフエステサロンをつかいこなせば、きっと効果を実感できるはずです。

自宅で気軽にできるセルフエステに挑戦!効果を高める方法などもご紹介!

最近話題になってきているセルフエステは、店で行うイメージがありますが、自宅でも気軽にできます。美容機器を使ってお手入れするほか、日常生活でさまざまなことを実践するだけで、美肌に近付くことが可能です。

今回は、自宅でのセルフエステに必要な美容機器、効果を高める方法などについて解説します。セルフエステに関心がある方、美肌や理想の体になりたい方は、ぜひご一読ください。

自宅でのセルフエステは本当に効果ある?

自宅でのセルフエステは、施術を自分で行なう必要があります。エステサロンと同じように効果を実感できるのか、不安な方もいるかもしれません。

しかし、自宅でのセルフエステでも、正しい方法で行えば、十分に効果を実感できます。エステも同じですが、1日で急激に変化することはありません。継続することで、セルフエステの効果を実感できるでしょう。

自宅でのセルフエステに必要な美容機器

美容家電を自宅でのセルフエステに取り入れると、美容効果をさらに高めることができます。主な美容機器は、以下の4つです。

美顔器

1つめは、美顔器です。美顔器には、クレンジング機能とスキンケアの浸透力を高めるタイプもあれば、顔と体両方に使えるタイプや頭皮や顔周りをケアできるものもあります。

普段使用しているスキンケア化粧品を変えなくても、自分の肌の悩みに合った美顔器を選ぶことで、お肌の変化を実感できるでしょう。一通りのお手入れをしたい方は、マルチ美顔器がおすすめです。保湿やたるみ、毛穴など肌の悩みに対応した美顔器で、集中的にケアするのもよいでしょう。

スチーマー

2つめは、スチーマーです。フェイスケアに欠かせない美容家電で、置き型タイプもあればハンディタイプもあります。

スキンケアの効果を高めたい場合、スチーマーが最適です。水蒸気を浴びるだけで、血行促進・毛穴洗浄効果を実感し、ハリや弾力ある肌に近づくことができます。肌をこすらないため、摩擦で肌に負担がかかることもありません。スチーマーを利用することで、化粧ノリもよくなるでしょう。

美顔ローラー

3つめは、美顔ローラーです。小顔効果やアンチエイジング効果が期待できる美容家電で、顔のシワやたるみが気になる方は、積極的に利用することをおすすめします。フェイスラインがスッキリするので、若々しい印象になります。

脱毛器

薄着になると、特に気になるのがムダ毛です。家庭用の脱毛器ならば、脱毛したい箇所にフラッシュを当てるだけで、お手入れ完了です。
自己処理はほとんど必要ないので、ムダ毛の自己処理による肌荒れで悩むこともありません。エステでの脱毛に抵抗ある方は、家庭用脱毛器を試してみてください。

自宅でのセルフエステで失敗しやすい理由

自宅でセルフエステをしたけど、まったく瘦せなかった方や効果が感じられなかった方も一定数います。それでは、なぜ、自宅でのセルフエステで失敗してしまうのでしょうか?その理由は、主に2つあります。

モチベーションが続かず挫折してしまう

セルフエステの効果がなかなか感じられないため、モチベーションが続かず辞めてしまった人もいます。効果は、1日や2日ですぐに出るものではありません。定期的に行い、2~3ヶ月くらい経ったら、徐々に効果を実感できるはずです。

肌や体は、コンディションがいい時期もあれば、コンディションが悪い時期もあります。コンディションが悪い時期は、セルフエステをお休みする人も多いはず。焦ってすぐに結果を出そうとすると、モチベーションが続かず挫折してしまうでしょう。

間違った方法でお手入れする

効果を実感するには、自分に適切な方法でお手入れしていることが重要です。どんなに丁寧にお手入れしても、自分の肌や身体に合っていない方法だったら、効果を実感できません。

例えば、ピーリングはお肌のターンオーバーの促進に効果的ですが、スクラブ入りのピーリング剤で肌を刺激すると、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。特に、敏感肌の人は注意した方がよいでしょう。

自宅でのセルフエステで失敗しないコツ

自宅でセルフエステをやるからには、効果を実感したいものです。ここでは、失敗しないコツを6つご紹介します。

しっかりと保湿する

洗顔後の肌は、乾燥しています。なるべく早く保湿してください。化粧水を全体になじませた後、指の腹を使って、肌の奥へと送り込みましょう。乾燥が気になる箇所は、重ね付けしても構いません。

化粧水の後は、すぐに乳液又はクリームをつけましょう。乳液やクリームは、肌の水分蒸発を防いで潤いをキープしてくれます。

UVケアをしっかりと

紫外線は、肌にシミやそばかす、たるみやしわなど、さまざまな悪影響を及ぼします。セルフエステの効果を実感するためにも、UVケアをしっかりと行いましょう。
日焼け止めは、頬・額・鼻・あごに五点置きが基本です。そして顔のすみずみまで丁寧になじませて、頬骨の高い位置には、重ね付けしてください。日中は、2~3時間おきに塗り直すのを忘れずに。日傘やサングラスなども活用しましょう。

食生活や睡眠を見直す

食生活や生活習慣の見直しも、美肌づくりに欠かせません。たんぱく質や食物繊維、ミネラルやビタミンなど栄養バランスのよい食事を心がけてください。
また、良質な睡眠だと、成長ホルモンの分泌を盛んにし、肌が生まれ変わりやすくなります。少なくとも6時間は寝るようにしましょう。寝付きが悪いときは、アロマオイルやハーブティーなどでリラックスするのもおすすめです。

半身浴で代謝アップ

代謝を上げるには、半身浴がおすすめです。身体を内側から温めることで、体内の老廃物を排出しやすくなります。肌荒れの予防にもなるでしょう。半身浴のときは、38-40℃程度にしてください。

入浴時間は、約20〜30分です。30分以上半身浴すると、脱水症状になる恐れがあります。半身浴前には、水分補給も忘れずに。

湿度を管理する

セルフエステのときに注意したいのは、室内の湿度です。エアコンを使用すると、湿度が下がり、室内の空気は乾燥してしまいます。湿度が低い室内では、スキンケアを頑張っても、すぐに肌が乾燥してしまうでしょう。肌の乾燥を防ぐには、加湿器を利用して湿度を最適に保つことが重要です。

運動を取り入れる

美肌になるには、適度な運動も必須です。ストレス解消や脂肪燃焼など、さまざまな効果が期待できるでしょう。運動は、ウォーキングや水泳などの有酸素運動、筋トレなどの無酸素運動、ストレッチの3種類です。無理のない範囲で行い、体調がすぐれない日はゆっくりと休んでください。

自宅でのセルフエステでは物足りない人におすすめの方法

セルフエステの効果をより高めたい方におすすめしたいのが、業務用マシンのレンタルや皮膚科での治療です。エステサロンやセルフエステサロンに通うのも、1つの選択肢です。

業務用マシンをレンタルする

業務用マシンをレンタルすれば、自宅でエステサロンと同じ施術が可能になります。キャビテーションをレンタルすれば、自宅でキャビテーションを行えるし、振動エステとRF温熱機能があるマシンならば、セルライトを効率的に除去できます。

ちなみに、業務用マシンは、店舗で使用しているものと同じため、サイズが大きめです。レンタルする場合は、業務用マシンのサイズを確認しておくと安心です。

皮膚科で治療する

ニキビや肝斑がなかなか治らない場合は、皮膚科や美容皮膚科で治療を受けるのも一つの方法です。代表的な治療といえば、ケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングはニキビやシミの改善を目的とした治療で、肌の状態によって、薬品の濃度や塗布方法、放置時間などが異なります。場合によっては、外用剤やレーザー治療と併用することもあります。ケミカルピーリングは医療行為なので、必ず医療機関で治療を受けてください。

そのほかにも、肌の悩みでなかなか解決しないものがあれば、皮膚科で相談してみましょう。信頼できる専門医を見つけておくと、肌トラブルが発生したときも安心です。

エステサロンに通う

資金面や時間に余裕がある方は、エステサロンに通うのもいいかもしれません。高級感ある雰囲気の中で、エステティシャンに施術してもらうのは、至福のひとときです。リラックス効果も期待できるのは、エステサロンならではでしょう。

信頼できるエステティシャンに出会えたら、肌や身体のお手入れ方法も相談しやすいのが魅力です。

セルフエステサロンを利用する

エステサロンはちょっと値段が気になるという方は、セルフエステサロンが適しています。本格的なマシンをリーズナブルに利用できるし、自分に合ったプランを選べるのも魅力的です。

施術中にエステティシャンとのコミュニケーションも必要ありません。スタッフに気兼ねすることなく、自宅にいるかのようにリラックスできます。気になる箇所を集中的に施術することも、セルフエステサロンなら可能です。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシーンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

自宅でのセルフエステの効果を実感できるかは自分次第!お手入れや日常生活を見直すチャンス

 

自宅でのセルフエステの効果を実感できるかは、普段のお手入れや日常生活にかかっています。美顔器やスチーマーなどを使うだけでなく、UVケア、食生活や睡眠なども意識してみてください。

そして、自分の悩みに適したマシンを使うことも、重要です。コツコツと継続して、セルフエステの効果を実感しましょう。

フェイシャルのセルフエステサロンの選び方は?効果を高める方法も解説

フェイシャルのセルフエステは、プロ仕様のマシンを使ってリーズナブルに施術できると人気が高まっていますが、どのサロンを選べばいいかわからないと悩む人も多いです。

美肌になりたい人もいれば、小顔になりたい人もいるし、人によって肌の悩みはさまざま。この記事では、フェイシャルのセルフエステサロンの選び方や効果を高める方法などについて、解説しています。セルフエステでフェイシャルエステに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてください。

フェイシャルエステの主な効果

セルフフェイシャルエステでは、フェイシャルエステと同じ効果を実感することができます。主な効果は、5つあります。

美白・美肌効果

1つめは、美白・美肌効果です。肌の血行が良くなり、くすみが改善し、透明感のある明るい肌に近付くことができます。毛穴に詰まっていた老廃物なども取れて、肌自体の代謝がアップします。肌のキメも整うので、肌のトーンアップも期待できるでしょう。

シワ・たるみ改善効果

2つめは、シワ・たるみの改善効果です。血行が促進されることで、ハリやツヤのある肌になります。また、肌のバリア機能が高まるため、シワやたるみ、ほうれい線が目立たなくなる効果もあります。

肌トラブル予防効果

3つめは、肌トラブル予防効果です。日常のお手入れでは落としきれない毛穴の汚れも、スッキリと落とせるので、ニキビや吹き出物など、肌トラブルの予防にもつながります。
また、皮脂の過剰分泌を抑えるため、毛穴が目立ちにくくなるでしょう。

小顔効果

4つめは、小顔効果です。リンパの巡りを整えることで、血行を促して、老廃物などの詰まりを解消します。それにより、フェイスラインや頬まわりがすっきりとし、小顔に近付くことができます。

シミを薄くする効果

5つめは、シミを薄くする効果です。私たちの肌は、紫外線やターンオーバーの乱れによって、シミができやすくなります。セルフフェイシャルエステによって、ビタミンCなどの成分を肌の奥に浸透させたり、光を照射したりして、シミを薄くすることが可能です。

セルフフェイシャルエステの選び方

セルフサロンは、入会前に体験できることがほとんどです。入会してから後悔しないように、以下のポイントを押さえて、サロンを選ぶとよいでしょう。

スタッフが使い方を教えてくれるか

セルフエステでは、自分でマシンを操作するため、「マシンを正しく使えるか心配」という方も少なくありません。誤った使い方をすると、火傷や腫れなどの肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります。

セルフエステ初心者は、スタッフが使い方を丁寧に教えてくれるところをおすすめします。施術中に、マシンの使い方に不安がある場合は、すぐにスタッフに相談できると、安心です。

目的に適したマシンがあるか

導入しているマシンは、セルフエステサロンによって異なります。サロンを選ぶときは、自分の目的に適したマシンがあるかチェックしてください。

フェイシャルマシンにも、さまざまな機器があり、美肌ケアできるものもあれば、リフトケアできるものもあります。

そのほかにも、シワやたるみに効果があるものや、表情筋にアプローチするものなどもあるので、お目当てのマシンがあるセルフエステサロンを探してみましょう。

サロンの雰囲気はよいか

定期的に通うには、サロンの雰囲気も重要です。清潔感があるか、雰囲気が明るいか、リラックスできるか、接客態度が良いか、などをチェックしてみてください。

雰囲気が良くないと、通うのが億劫になってしまいやすいです。継続して通うには、「通いたい」と思える雰囲気の良いサロンを選ぶことがポイントです。

設備やアメニティは充実しているか

サロンの設備やアメニティが充実していると、より快適に過ごせます。サロンによっては、パウダールームやメークブースを設けているところもあります。セルフケア後、メイクしてから帰りたい方は、チェックしておくとよいでしょう。

また、メイク直し用のアイテムやサニタリーアイテムなどのアメニティが用意されていると、万が一忘れてしまったときでも安心です。無料サービスや有料サービスにどんなものがあるか、確認しておくことをおすすめします。

料金プランは自分に合っているか

セルフエステの料金プランは、主に、都度払いと定額制の2種類です。都度払いは、1回ごとに支払うプランで、定期的に通えない方やまずはお試しで利用したい方におすすめです。

一方、定額制は、一定の金額で通い放題になるプランです。通えば通うほどお得になるので、集中的にフェイシャルケアしたい方や頻繁に通いたい方に向いています。

ただし、定額制の場合、マシンによっては別途料金がかかることもあるので、入会前にしっかり確認しておきましょう。効果を実感するには、継続して通うことが重要です。自分が通う頻度に適した料金プランを選んでください。

通いやすいところにあるか

無理なく通うには、店舗の立地も重要なポイントです。自宅、大学や会社の最寄り駅の近くにあると、通いやすいでしょう。また、複数の店舗を利用できるサロンだと、日によって使い分けられて、便利です。

セルフフェイシャルエステの効果を高める方法

フェイシャルエステの効果を高めるには、ホームケアも重要です。せっかくセルフフェイシャルエステに通っていても、日々のケアを怠ってしまうと、エステの効果が半減してしまいます。それでは、毎日心がけたいことを8つご紹介します。

紫外線対策を万全に

施術前後はもちろんのこと、毎日、紫外線対策をしっかりと行ってください。日焼けすると、肌がダメージを受けて、しみなどの原因になります。

紫外線対策は、肌への刺激を最小限に抑えるために欠かせません。マスクや帽子、日傘なども活用して、紫外線対策を徹底しましょう。

洗顔はやさしく

洗顔はやさしく丁寧に行うのが、基本です。強くこすると、肌にダメージを与えてしまいます。朝は水洗いのみの方もいますが、洗顔することをおすすめします。寝ている間、汗や皮脂が分泌されている上、室内のホコリやハウスダストで肌が汚れている可能性があります。

洗顔時は、たっぷりの泡でやさしく洗いましょう。タオルで拭くときは、ゴシゴシこすらず、肌を押さえるようにそっと拭き取ってください。

クレンジングも、お肌に負担のかからないものを選ぶのがポイントです。肌の調子が良いときや疲れているときでも、クレンジングせずに寝るのは避けましょう。汚れや皮脂、日焼け止めが詰まってしまい、肌トラブルの原因になります。

なお、メイクをしていなくても、洗顔料で落とせない日焼け止めを使用した場合は、クレンジングが必要です。

十分に保湿する

洗顔後は、十分に保湿してください。洗顔後は、お肌の水分が抜けやすいので、すぐに保湿する必要があります。化粧水で水分を与えたら、水分が蒸発しないように乳液をつけましょう。

化粧水や乳液などは、一度にたくさんつけたら、その分効果が出るわけではありません。毎日、適量の化粧水や乳液で保湿することが、美肌につながります。

睡眠をしっかりと

睡眠をしっかりと取ることも、効果を高めるために必須です。睡眠不足になると、免疫力が低下するため、ニキビができやすくなります。

美肌を目指すには、十分な睡眠が欠かせません。睡眠直後の約3時間は、特に肌が活発に生まれ変わる時間帯です。質のよい睡眠になるように、寝る前はスマホを消したりアロマやハーブティーなどでリラックスしたりと工夫することをおすすめします。

バランスの良い食事

美肌づくりには、バランスの良い食事も必要です。例えば、食物繊維の多い食事は、便秘の予防につながります。そのほかにも、ビタミンやタンパク質、ミネラルなどバランスの良い食事を心がけましょう。

十分な水分補給

マッサージで血流が良くなり代謝が上がることで、老廃物が体の外に出やすい状態になります。それを促すためにも適度な水分補給が大切です。特に、セルフフェイシャルエステの後は、コップ1杯の常温の水を飲むとよいでしょう。

また、水分不足だと、便秘になりやすくなります。便秘はニキビの原因の1つなので、セルフフェイシャルエステの効果が半減しないように、水分補給をしっかり行ってください。

適切な頻度にする

どんなに効果の高いエステでも、頻繁な施術間隔にすると、肌に負担がかかってしまいます。
とはいえ、1ヶ月以上期間をあけると、効果を実感しにくくなります。通う頻度は、2週間~1ヶ月に1回を目安にするとよいでしょう。

生理周期に合わせて施術する

女性は、生理周期とホルモンバランスが密接に関わっています。効果をより高めたいときには生理後1週間後のタイミングで受けることがおすすめです。生理後はホルモンバランスの状態が良いため、新陳代謝も活発で、エステの効果を感じやすいでしょう。

反対に、生理1週間前から生理中は、肌の調子が悪くなる時期です。この時期は、セルフフェイシャルエステは避けた方がよいです。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

家でもお手入れをしっかりと!自分に適したサロンで美肌を目指そう

 

セルフフェイシャルエステは、リーズナブルにプロ仕様のマシンを利用できるのが魅力です。定期的に利用することが重要なので、自分に適したサロンを見つけてみてください。

そして、家でも洗顔や保湿などのお手入れや紫外線対策をしっかりと行うことを忘れずに。ホームケアとセルフエステで、美肌を目指しましょう。

セルフエステで脚やせしたい!おすすめのマシンや効果を高めるコツを紹介

「脚のむくみを何とかしたい」「ダイエットしても脚がなかなか細くならない」。そんな悩みがある人におすすめしたいのが、セルフエステです。脚は、脂肪を落とすのが難しいパーツといわれています。

本格的なマシンをリーズナブルに利用できるセルフエステなら、自分のペースで続けられるから、脚やせも成功しやすいのです。この記事では、脚やせに最適なマシンや効果を高めるコツなどをご紹介します。脚やせを今度こそ成功させたいという人は、ぜひ参考にしてください。

脚太りの原因

セルフエステで脚やせの効果を実感するには、まずは、自分の脚太りの原因を把握しましょう。脚太りの原因は、主に4つあります。それは、脂肪の蓄積・筋肉の衰え・冷えによる代謝の低下・老廃物の蓄積です。

脂肪の蓄積

1つめは、脂肪の蓄積による脚太りです。脚の上に脂肪が溜まっていて、太ももを掴んでひねったら皮膚がボコボコするのが、このタイプです。

特に、女性は、脂肪が下半身につきやすいといわれています。運動を頻繁にしていた人が、生活スタイルの変化などにより、運動しなくなると、筋肉よりも脂肪が多くなってしまうことも多いでしょう。

筋肉の衰え

2つめは、筋肉の衰えによる脚太りです。運動不足になると、筋肉が衰えて、代謝が低下します。筋肉の上に脂肪が付くことで、たるみが生じるのです。

さらに、筋肉が衰えると、骨盤が横に広がってしまうケースもあります。運動習慣がない人、歩くと疲れやすい人などは、このタイプに該当します。

冷えによる代謝の低下

3つめは、冷えによる代謝の低下です。女性は、スカートをはいてオシャレを楽しむ人も少なくありません。脚を露出することが多く、冷えやすい傾向があります。脚が冷えると代謝が低下し、脂肪が燃焼しにくくなるのです。

老廃物の蓄積

4つめは、老廃物の蓄積です。脚は、重力によって老廃物が溜まりやすいパーツです。老廃物が溜まると、脚がむくみやすくなります。
さらに、老廃物が脂肪細胞と合体すると、セルライトが発生しやすくなるのです。特に、デスクワークの方は、血流やリンパの流れも悪くなりやすいです。

脚やせに効果的なマシン

脚やせすると、脚が長く見えるし色々なオシャレを楽しめるしと、メリットがいっぱい。でも、自力で行うマッサージや運動だけでは、なかなかやせないという人も多いはず。

そんなときは、本格的なマシンを利用することをおすすめします。セルフエステならば、自分のペースで通えるので、続けやすいです。セルフエステで脚やせする場合、脚やせに効果的なマシンを選びましょう。主なマシンは、以下の6つです。

キャビテーション

キャビテーションは、脂肪を分解・排出するマシンです。超音波を照射して、内側にある脂肪やセルライトを分解することで、老廃物と共に体外に排出しやすくします。

脂肪に直接アプローチするのが特徴で、切らない脂肪吸引とも呼ばれています。細胞を直接破壊するので、むくみやリバウンドの心配もありません。太もも裏のボコボコやむくみが気になる人、部分やせしたい人におすすめです。

セルライトバスター

セルライトバスターは、脂肪をもみほぐして分解するマシンです。特殊なローラーの付いたマシンで、セルライトを分解して体外に排出します。セルライトによる肌の凸凹が気になる人、スッキリと引き締まった脚になりたい人に最適のマシンといえるでしょう。

ラジオ波

ラジオ波は、脂肪を温めて分解するマシンです。このラジオ波は周波数が高いため、肌の表面から内部を温めて脂肪を分解・排出しやすくします。新陳代謝をアップさせて、脂肪を柔らかくする働きがあるため、脂肪の量が多い人に効果的です。

ハイパーナイフ

ハイパーナイフは、高周波で脂肪中の水分を振動させ、凝り固まった脂肪をほぐして軟らかくするマシンです。ただし、脂肪を減らすことはできません。したがって、このマシンを使った後は、有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう。

EMS

EMSは、電気の刺激によって筋肉を引き締めるマシンです。筋肉に刺激を与えるので、トレーニングと同じ効果を実感することができます。普段使わない筋肉にも、刺激を与えることができるでしょう。

体の血行やリンパの流れも良くなるので、代謝の低下も防ぐことが可能です。健康的に引き締まった脚になりたい方に適しています。

ハイフ

ハイフは高密度焦点式超音波治療法のことで、超音波によって皮下組織をピンポイントで破壊するマシンです。血行を促進して、新陳代謝を促すことができます。太ももの硬い脂肪が気になる方におすすめです。

セルフエステの効果を高めるコツ

セルフエステの脚やせ効果を高めるには、生活の質を高める工夫も必要です。といっても、すぐにできることばかりなので、安心してください。食事の量や時間帯を意識したり、運動やマッサージを取り入れたりするだけで、効果を実感しやすくなるでしょう。

食生活を見直す

脚やせしたいからといって、全く食べなかったり、低カロリーのものばかり食べたりするのは健康的ではありません。食生活を見直して、日々の食事の量や時間を意識してみましょう。

まずは、腹八分目で、栄養バランスのよい食事を心がけてください。塩分やアルコールを摂り過ぎると、脚がむくみやすくなるので、要注意です。
食事は、就寝2~3時間前には済ませておくことが理想的です。ちなみに、セルフマシン利用後の体は、代謝が良くなっているため、栄養を吸収しやすくなっています。食事まで少なくとも2時間は間隔をあけて、軽い食事にしましょう。

適度な運動

脚やせしたいときは、適度な運動もおすすめです。運動といっても、軽いウォーキングやジョギング程度でも十分です。ひと駅分歩くだけでも、良い運動になります。

駅やオフィスでは、エスカレーターではなく階段を利用するのも、効果的です。運動することで、ほどよく体が疲れるので、夜寝付きもよくなるでしょう。

脚のマッサージ

脚やせには、マッサージも効果的です。脚のむくみが解消されるので、脚がスッキリするでしょう。また、脚をもみほぐすことで、脂肪が柔らかくなり、脂肪が落ちやすくなります。

まず、ふくらはぎのマッサージです。両手の親指で、ふくらはぎを指圧して、約1分間強めにもみほぐしてください。血液やリンパの流れがよくなって、脚がスッキリとします。

次に、内もものマッサージです。内ももを下から上へ親指で指圧しましょう。その後、内ももを片手で挟みこみながら、温めるようにマッサージします。脚の付け根部分は、重点的に圧してもみほぐしてください。

3つめは、外もものマッサージです。脂肪が固まりやすいパーツなので、筋肉のコリをほぐして、血流を良くしてください。両手の平で下から上にさすって、外ももを温めます。こぶしで、下から上にさするように約1分間マッサージします。

筋トレ

脚やせ効果を高めるには、筋トレもおすすめです。スクワットなど、下半身を鍛える筋トレを行うことで、脂肪が燃焼されて引き締まった体に近づくことができます。

スクワットをするときは、呼吸を意識して、ゆっくりと行いましょう。膝がつま先より前に出ないこと・かかとが浮かないことが、ポイントです。無理のない範囲で、簡単にできる筋トレから始めてみてください。

眠りの質を高める

意外に思う方もいるかもしれませんが、眠りの質もダイエットに関係します。睡眠をしっかりとることで、血流が良くなるため、むくみ予防になります。

夜寝付きが悪い人は、まずは生活リズムを整えてください。朝は、太陽の光を浴びるようにしましょう。就寝1~2時間前には入浴し、ぬるめのお湯でリラックス。枕やマットレスを替えるのも、眠りの質を高める方法の1つです。

姿勢を正しく

姿勢が良いと、血流が良くなるため、代謝が良くなります。スマホを頻繁に見ていると、猫背になりやすいので、注意しましょう。両足に均等に体重をかけて、おなかに力を入れるようにするのが、正しい姿勢です。

壁にもたれて立つ人や片足重心になっている人が多く見られますが、骨盤に均等に体重をかけないと、骨盤や関節が歪みやすくなってしまいます。姿勢が良いとスタイルがよく見えるので、正しい姿勢をキープできるように努めましょう。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。

人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。

そのため、「マシーンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。

「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

自分に適した施術と日常生活の見直しで脚やせの効果を実感しよう

脚がスッキリと痩せると、オシャレの幅も広がるし、脚が長く見えます。セルフエステで、自分の悩みに合ったマシンを利用しつつ、家でもバランスのよい食事や質のよい睡眠、適度な運動などを心がけることが、脚やせを成功させるポイントです。これを機に日常生活を見直して、綺麗な脚を目指しましょう。

50代の肌悩みに効果的な改善法はある?シワ、たるみ、くすみなど

肌は年齢を重ねるごとに変化し、異なる悩みが出てくるもの。50代になると、肌のコンディションを維持することが若い頃より難しく感じられるかもしれません。

この記事では、50代の人が気になりやすい肌悩みに焦点をあて、それぞれの特徴を見ていきます。家でできる改善方法に加えて、セルフエステの活用法についてもご紹介。歳を重ねても美しい肌でいるためのヒントとして参考にしてみてください。

50代の肌悩みの特徴

50代は、これまで蓄積されてきたダメージが肌に現れたり、加齢とともに肌悩みが深刻化したりしやすい年代。皮脂の分泌が盛んでニキビや毛穴の悩みが多い10代、20代に対し、50代では肌のハリや弾力が低下して様々な肌トラブルを引き起こします。

代表的な肌悩みとして以下の5つを取り上げます。

  • シワ
  • シミ
  • たるみ
  • くすみ
  • 肌の乾燥

シワ

肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの量が減少することで、シワができやすくなります。目元や口元の小ジワをはじめ、くっきりとしたほうれい線や眉間のシワ、額の横ジワなど様々な部位に現れ、それぞれ異なる特徴や原因があります。

浅くて細かいシワは「乾燥小ジワ」とも言われるように、肌の乾燥が原因。うるおいが不足すると肌のキメが乱れてシワが生じてしまいます。あまり目立たないからといって放置せずに、しっかり保湿をすることが重要です。

浅いシワは若い世代の肌でも見られますが、深いシワは年齢を感じさせやすいもの。加齢や紫外線ダメージの蓄積によって肌のハリが失われ、次第にくっきりとしたシワへと変化します。表情のクセによって何度も同じ場所に線が入ることで、シワが刻まれてしまう場合も。

肌のターンオーバーが遅くなるのも一因。肌のうるおいや柔軟性を保つことが難しくなり、結果的にシワへとつながってしまいます。

シミ

シミはメラニンの過剰生成によって起こる色素沈着。紫外線の影響を大きく受ける肌トラブルのひとつです。紫外線を浴びてダメージを受け、ターンオーバーが乱れることでメラニンを外に排泄できずに、シミとなって残ってしまいます。

若い頃に浴びた紫外線のダメージが、加齢とともにシミとして現れてくることも。歳を重ねれば重ねるほど紫外線のダメージは蓄積されていくため、日頃から紫外線対策をしっかり行うことが、未来の自分の肌を守ることにつながります。顔はもちろん、年齢が出やすい手のケアも忘れずに。

過度なストレスを受けて活性酸素が増えると、メラニン色素も過剰に作られ、シミが発生。また、更年期でホルモンバランスが乱れることもシミの原因となります。リラックスする時間を持つなど、体の内側からのケアも意識する必要があります。

たるみ

シワが増えるのと同時に気になってくるのが、肌のたるみ。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の減少によりハリが失われて、たるみが引き起こされます。肌がたるむと口角や目尻、頬が下がって見え、老けた印象を与えかねません。

年齢とともに筋肉が衰えてくるのも、たるみの一因。土台の筋肉が衰えると上にある皮膚や脂肪層も影響を受け、たるみへとつながってしまいます。脚や腕の筋肉が減らないようにウォーキングやトレーニングをしている人が多いですが、顔の筋肉は忘れがち。スキンケアだけでなく、顔のエクササイズも適度に取り入れると良いでしょう。

他の悩みと同様に、紫外線や乾燥もたるみを悪化させます。肌のバリア機能が正常に働かないことでダメージを処理できず、うるおいやハリが徐々に失われ、肌がたるんできます。シワを増やさないためにも、UVケアや保湿はしっかりと行いましょう。

くすみ

肌の透明感やいきいきとした明るさが失われて、くすんだように見える状態。化粧下地やファンデーションでカバーしても夕方にはくすんでしまったり、これまで使っていた化粧品のカラーが合わなくなることもあります。顔色が悪いと老けて見えるだけでなく、不健康な印象に。

加齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるため、角層が厚くなってごわつき、肌がトーンダウン。肌のうるおいが足りないとツヤがなくなって余計にくすんだり、血行不良で顔が青っぽく見えたりします。紫外線を浴びてメラニンが過剰に生成されると、顔色が茶色っぽくくすむことも。

肌のくすみを防ぐために大切なのは、規則正しい生活。ストレスや睡眠不足、暴飲暴食によってホルモンバランスが乱れることもくすみの原因となります。

肌の乾燥

皮脂の分泌が多い若い頃と比べると、皮脂やうるおいが減って乾燥が気になってきます。乾燥がひどくなると、つっぱり感や赤みが出るだけでなく、毛穴の開きやシワ、たるみ、くすみなど他のトラブルの元にもなりかねません。

うるおいが減って肌のバリア機能が崩れることで、紫外線やほこりといった外部刺激に弱くなり、さらなる肌トラブルを引き起こすという悪循環。年齢が上がるにつれてターンオーバーが遅くなるため、一度トラブルが起こると治りにくくなってしまいます。

少し乾燥しているだけ、と侮らず丁寧にケアすることが肌を守る秘訣。乾燥してから保湿をするのではなく、乾燥肌になるのを防ぐために日頃からしっかり保湿しましょう。ヒアルロン酸やセラミドを含んだ化粧水や乳液がおすすめ。水分量と皮脂量をバランス良く保つことで、肌のバリア機能が正常に働き、トラブルに負けない肌作りにつながります。

家でできるケア

歳を取ると、体の様々な機能が低下してしまうのは仕方ないこと。健康や美しさを保つためには、適切なケアや規則正しい生活を意識することが肝心です。以下では、今日から家で始められるケアを3つ紹介します。

スキンケアを見直す

昔から変わらないスキンケアではなく、年齢に応じたお手入れが必要。若い頃は皮脂が多くてさっぱりとした化粧水を使っていたとしても、現在は肌質が変わっているかもしれません。今の肌と向き合い、悩みに合った基礎化粧品を使うことでコンディションが整いやすくなります。

化粧品と乳液に加えて、目元や口元といったピンポイントのケアができる美容液を使うのもおすすめ。全顔に同じものを塗るのではなく、部位を分けるとより効果的にケアできます。

スキンケアと同じくらい洗顔も大切。いくら高級な化粧水でケアしても、まちがった洗顔方法では意味がありません。悩みをカバーするためにコンシーラーやファンデーションを厚塗りして、それらを落としきれないままでいると、老廃物はたまる一方。メイクをしっかり落としてから、うるおいを十分に与えましょう。

化粧品を見直す

スキンケアによって悩みを全て解決することは難しいものの、適切な化粧品の使用やメイク方法の工夫で、理想の肌に近付けることは可能。化粧品を見直し、肌のコンディションや肌色に合ったものを選ぶと、より若々しい印象を演出できます。

例えば、肌のくすみが気になるならトーンアップの化粧下地、シミやクマが目立つならカバー力が高いコンシーラー、乾燥肌なら保湿成分が入ったファンデーションなど。いつも同じメイクではなく、リップやチークの色を変えることでマンネリ化せずに、気持ちもフレッシュでいられるはず。

内側からのケア

体の健康と美しさは、インナーケアがあってこそ維持できるもの。偏った食事を続けて栄養素が不足すると、様々な不調が現れてきます。ビタミン類をはじめ、タンパク質、ミネラル、良質な脂など体に必要不可欠な栄養素をバランス良く摂取し、適度な運動や十分な睡眠を心がけましょう。

50代はホルモンバランスの変化が大きい年代。それとともに体調や肌質が以前と変わってくることがあります。肌の水分や弾力を保つ働きにはホルモンが関係しているため、ホルモンバランスが乱れると肌トラブルが起こりやすい状態に。規則正しい生活をして体の内側から整えることが、美しい肌へとつながります。

セルフエステの活用

ここまで家でのケア方法を紹介しましたが、手軽にできる分、効果を感じられるのもゆっくり。自力で悩みを改善させるためには、肌と根気よく向き合う必要があります。

もっと効率的にケアしたいという人には、美容マシンを使ったセルフエステがおすすめ。自分で施術を行うセルフエステなら人の目を気にせず、気になる悩みにピンポイントでアプローチ。合わないケアに時間とお金を費やすよりもコストパフォーマンス良く理想の肌に近付けます。

高機能マシンを利用することで、ホームケアより結果が出やすく、美へのモチベーションがアップ。顔だけでなく体もケアできるため、年齢に負けない美しい体作りをサポートしてくれます。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。

人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。

セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。

「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など、目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、お部屋のベッドメイキング、徹底した衛生管理を行っております。店舗の掃除はもちろん、アメニティの充実など。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどを30分程度の動画にまとめ、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

まとめ

人生100年時代とも言われる中、50代はまだまだ折り返し地点。歳を取ることには抗えませんが、毎日のケアの積み重ねが数年、数十年後に大きな差となって現れるはず。長く付き合っていく自分の肌を丁寧にケアし、いつまでも健やかに美しくいたいものですね。

セルフエステで内出血になったらどうする?原因や対処法をご紹介

セルフエステの利用後、身体にいつの間にかあざや内出血ができていたというケースは少なくありません。内出血になると不安に感じるかもしれませんが、内出血には、いくつかの原因があります。内出血の原因は何かを理解して、正しい対処を行いましょう。

今回の記事では、セルフエステで内出血になる原因や内出血になりやすい箇所、さらに対処法もご紹介します。

内出血とは

内出血とは、外部からの圧迫で、血管が破れて出血している状態のことです。例えば、家具の角に足をぶつけて青あざができるのも内出血です。つまり、皮膚に青または紫色のあざができたら、内出血になっていると考えてください。

好転反応との見分け方

内出血と間違えやすいのが、好転反応です。好転反応とは、エステやマッサージ後、一時的に起こる症状のことですが、血管が切れたり破れたりしているわけではありません。血行が一気に改善されたことが原因といわれています。

内出血と好転反応を見分けるには、ポイントがあります。それは、「色」と「痛みがあるか」と「期間」です。まず、内出血の場合、青や紫色です。一方、好転反応の場合、赤色になります。

そして、内出血ならば触れたり押したりすると痛みがありますが、好転反応ならば触れたり押したりしても痛みはありません。

また、内出血は、奥深くまで傷ついているため、消えるのに1週間~10日ほどかかります。一方、好転反応は、数日~1週間程度で治まることが多いです。ちなみに、好転反応の症状には、身体の怠さや下痢などもあります。

セルフエステで内出血になる原因

セルフエステで、内出血になる原因は、主に「圧が強すぎた」「冷え性または血流が悪い」「セルライト」の3つです。

圧が強すぎた

美容機器を使う際に、圧が強すぎると、内出血になりやすいです。機械や手でマッサージするとき、効果を早く実感したいからといって、圧を強めにしてしまう人も少なくありません。しかし、圧が強すぎると、内出血になったり痛みを感じたりすることがあります。

冷え性または血流が悪い

冷え性または血流が悪いことも、セルフエステで内出血になりやすい原因の1つです。身体に老廃物が溜まっていると、その部分の血行が悪くなってしまい、内出血になる傾向があります。身体が冷えやすい人やむくみやすい体質の人は、注意してください。

セルライトがある

セルライトは、脂肪細胞と老廃物が凝り固まったもののことです。お尻や太ももの表面が凸凹しているのが、セルライトです。

セルライトがある箇所は、内出血になる傾向があります。なぜかというと、セルライトがあると、血管が圧迫されて血液の循環が悪くなるからです。美容機器などで刺激を受けると、毛細血管が切れて、内出血になるケースが多いといわれています

内出血になったたきの対処法

内出血になったら、見た目が青くなったり、痛みが生じたりするため、少しでも早く治したいものです。正しい対処をして、症状を改善しましょう。対処しても、痛みが強い場合や内出血が治まらない場合は、我慢せずに医療機関を受診してください。

患部を冷やして止血

内出血になったとき、患部に腫れや熱がある場合、患部を冷やして止血する必要があります。患部に腫れや熱がある場合、炎症が起きている可能性が高いです。患部を冷やしてから、止血しましょう。

氷や保冷剤で直接冷やさず、氷を入れたビニール袋を薄手のタオルやハンカチで包んだまま、約15分間冷やすのがポイントです。15分程度冷やしたら、しばらく患部の様子を見てください。

温めて血行をよくする

内出血になってから2日以上経っていて、且つ腫れや熱がない場合は、患部を温めて血行をよくしましょう。温湿布やカイロで温めてもよいし、お風呂に浸かるのもおすすめです。
お風呂の温度は、37度を目安にしてください。内出血になった箇所を温めて血行を良くすることで、組織全体の治癒を促して、内出血が治りやすくなるのです。

手のひらを使ってマッサージ

手のひらを使ってマッサージするのも、効果的です。リンパを流すように、手のひらを使ってなでるようにマッサージをしましょう。

ポイントは、リンパに向かってさすることです。脚ならば、膝裏と脚の付け根に血管があるので、脚をマッサージする際は、下から上へ向かってさすってください。マッサージすることで、身体が温まり、血行もよくなるでしょう。

セルフエステのスタッフに相談する

内出血がなかなか治まらないときは、施術を行った店のスタッフに相談してみてください。症状を詳しく伝えたら、対処法を教えてもらえるはずです。医者に行った方がよいか心配な方は、そのことも相談してみてください。

内出血を防ぐ方法

セルフエステでの施術後、内出血を防ぐには、「身体を冷やさないこと」と、「施術中は痛みを我慢しないこと」が重要です。

身体を冷やさない

内出血を防ぐには、身体を冷やさないのが一番です。身体が冷えていると血の流れが悪くなり、皮膚の上から圧迫することで毛細血管が切れやすくなるのです。

特に、女性は冷え性の方が多いので、身体を冷やさない工夫をすることが欠かせません。例えば、冷たい飲み物やアイスなどは避けたり、身体を温める食材を摂取したりするようにします。

冷え性を改善したら、内出血になりにくいだけでなく、代謝が上がって痩せやすい身体になるので、一石二鳥です。

施術中は痛みを我慢しない

セルフエステ中に痛みを感じたら、我慢せず、中止してください。「痛い方が効果がある」というのは、大きな誤解です。痛みがあるのに続行したら、内出血がよりひどくなってしまうかもしれません。
人によって、痛みの感じ方は異なるし、体のコンディションが悪ければ痛みを感じることもあります。痛いと感じるときは、無理しないでお休みしましょう。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。 ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。 「最初に説明を受けただけでは分からない」 「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」 「エステを受けたことがないから正解が分からない」 このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。 最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

施術中痛いときは無理しない!日頃から身体を冷やさないことも大事

セルフエステでは、効果をいち早く実感したいからと、痛くても無理をしがちです。しかし、痛いときは無理をせず、すぐに中止してください。内出血が悪化する恐れがあります。日頃から、身体を冷やさないようにすることも、重要です。

万が一、セルフエステ中またはセルフエステ後に、内出血になったら、正しい対処をして、症状の改善に努めましょう。

話題のセルフエステを比較!プランや料金、マシンの違いは?どうやって選べばいい?

健康や美容への関心がますます高まっている昨今。「自分の理想の姿を目指したい」「日々の疲れを癒したい」という想いからエステサロンに行く人も多いはずです。

ひと言でエステと言っても、種類は多様。代表的なフェイシャルエステやボディエステのほか、最近はセルフエステも注目されています。

この記事では、話題のセルフエステ5つを比較。それぞれの特徴やプラン、料金などを紹介しています。自分に合ったセルフエステを選ぶための参考にしてみてください。

そもそもセルフエステとは?

セルフエステとは、エステサロンで使われているマシンを使って、自分でケアをするタイプのエステ。一般的なエステはプロのエステティシャンが施術を行うのに対して、セルフエステは店舗に用意してあるマシンを自分で操作し、体の気になる部分に当てていきます。

セルフエステのメリット

自分で施術すると聞くと、「初心者でも大丈夫?」「プロに任せた方が良いのでは?」と不安に思うかもしれませんが、マシンを使うにあたって資格はもちろん必要ありませんし、使い方が丁寧に説明されている場合が多いので、初めてでも安心して利用できます。

セルフエステの定額制プランに登録すれば、ジムのように好きなタイミングで行くことができます。プロが行うエステに月に何度も行くと大きな出費となるため、本当は行きたいのに我慢せざるを得ないことも。

セルフエステなら回数を気にせず通えて、気になるところを徹底的にケアできるのが魅力。他の人に見られることのないプライベートな空間で、自分の体と一対一で向き合えます。

セルフエステを比較

セルフエステの場合、自分で施術するというのは共通ですが、設置されているマシンやプランはお店によって様々。

代表的なセルフエステ「じぶんdeエステ」「BODY ARCHI」「LALA ESTHE」「VICTORIA SELFESTE」「DiDiA」それぞれの特徴を見ていきましょう。

じぶんdeエステ

じぶんdeエステは、東京をはじめとした関東から東北、関西、九州まで展開している、定額制のセルフエステジム。

大型ショッピングセンターの中にも出店していて、来店の予約は不要。エステのためだけに外出するのが面倒でも、買い物のついでや仕事帰りにふらっと立ち寄ることができます。

マシンの種類豊富

月額9,800円~という低価格ながらも、高性能エステマシンが豊富に揃っており、どのプランを選んでも全機種が使い放題。超音波、吸引、エレクトロポレーション、サーマナイフなどの中から、悩みに合わせてフェイスとボディの施術を行えます。

費用を抑えつつ、いろいろな施術を試したい場合に良さそうです。ただし、脱毛やホワイトニングには対応していません。

初回無料体験のキャンペーンを実施しているため、「セルフエステに興味があるけど、やったことはない」「一度体験して納得してから始めたい」という方も気軽にトライすることができます。

家でセルフエステも

セルフエステは店舗に通うのが一般的ですが、じぶんdeエステでは月額料金を払ってマシンをレンタルしたり、購入したりすることが可能。自宅にマシンがあれば、好きな時に好きなだけ施術を行えます。近くに店舗がない方にとってはうれしいサービスですね。

BODY ARCHI

BODY ARCHI(ボディアーキ)は、全国に42店舗を構える、定額制のセルフエステ。事前予約のほか当日予約もできるため、予定が空いたタイミングで気軽に通うことができます。

エステマシンは、高性能の「フォースカッター」を導入。1台でWラジオ波、EMS吸引、ポレーション、LEDの4役を果たし、顔から二の腕、ウェスト、ヒップ、脚まで幅広くアプローチします。

遺伝子解析サービス

BODY ARCHIは、遺伝子解析のサービスも大きな特徴。自分の体質を理解して、日々の食事や生活習慣を見直すことで、より効率的に理想の自分へと近づけます。

また、体組成計を用いて体のあらゆる数値を測定し、見た目だけではなく数値として変化を感じられます。変化がはっきりとわかることで、モチベーションの維持にもつながりそうです。

料金はやや高め

サービスが充実している分、料金は月額15,620円~とやや高め。自分が求めるサービスと料金を照らし合わせて、入会や継続を決める必要があるでしょう。

Lala ESTHE

Lala ESTHE(ララエステ)は、東京と神奈川に店舗がある、定額制のセルフエステスタジオ。月額10,780円〜利用できます。⁡

多機能エステマシン「ララスタイラー」を完備。RF/ラジオ波BODY、EMS吸引、キャビテーション、RF/ラジオ波FACE、エレクトロポレーションの5つの機能が搭載されています。

セルフエステ×ホットヨガ

ララエステと併せて、溶岩ホットヨガスタジオ「Lala Aasha(ララアーシャ)」を利用できるプランもラインナップ。セルフエステとヨガ、どちらもやってみたい方にはぴったりのプランです。

⁡充実した設備

ヨガスタジオの施設内にあるパウダールームやシャワールームを使うことも可能。大切な予定の前でも気兼ねなくセルフエステやヨガを行えます。⁡

現時点では店舗数が少なく、首都圏在住でないと通いにくい点はデメリットと言えます。

⁡VICTORIA SELFESTE

VICTORIA SELFESTE(ヴィクトリア セルフエステ)は、東京に店舗を構える、定額制セルフエステスタジオ。新宿と恵比寿の2店舗のみとなっています。

豊富なプラン

多機能のエステマシン「iContour」が使い放題。キャビテーション、ポレーション、EMSなどの機能があり、フェイスとボディを施術できます。⁡

フェイスのプランは月額6,380円〜という手頃な価格。豊富なプランが用意されており、予算やライフスタイルに合わせて選べます。⁡

ネイルマシンも

オプションとして、多様なデザインのジェルネイルを楽しめるネイルマシンも利用可能。エステサロンとネイルサロンの両方に行きたいけど時間がない方には良いかもしれません。ただし、エステマシンの利用とは別に料金がかかります。

⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡⁡DiDiA

DiDiA(ディディア)は、北陸を中心に北海道や関東にも店舗を展開する、定額制のセルフエステティックスタジオ。充電用コンセントや使い捨てブラなどアメニティが豊富なので、手ぶらで気軽に通うことができます。

全身のケアが叶う

高性能・最先端エステマシン「DIOシリーズ」を完備。セルフエステではフェイスとボディだけに対応したお店が多い中、DiDiAには脱毛機能のある「DIO epi」や、ヘアケアができる「DIOエレクトロビューティーブラシ」も用意されています。

歯科医監修のホワイトニングマシンを導入している店舗もあり、トータルケアをしたい方にとっては最高の環境です。

ライフスタイルに合わせて選べるプラン

キャンペーン料金では定価の半額以下となるプランもあり、通い放題では月額10,000円~のお得な料金で利用できます。さらにペア割、学割も用意されており、それぞれのライフスタイルに合わせて最適なプランを選べるのもうれしいポイント。

セルフエステを選ぶ際のポイント

5つのセルフエステを紹介しましたが、どうやって自分にぴったりのお店を選べば良いのか迷う人も多いはず。セルフエステ選びの際は、4つのポイントを意識してみてください。

⁡⁡料金とコストパフォーマンスで選ぶ

まず1つ目は、料金。お店やプランによってかかるお金にかなりの差が出てきます。収入と支出のバランスを考えながら、無理なく継続できるプランを選択しましょう。

⁡ただ安ければ良いわけではなく、施術内容やサービスに料金が見合っているかも重要。料金が高くてもサポートが充実していれば、結果的にコストパフォーマンスが最も良いという場合もあります。

⁡マシンで選ぶ

2つ目は、マシン。お店によって取り扱っているマシンや機能が異なるため、自分がケアしたいところやセルフエステの目的に合った施術ができるのかを調べる必要があります。

⁡お店に目当てのマシンがあっても、プランによっては使えるマシンが限られている場合もあるので注意。ダイエットや美肌、脱毛、ホワイトニングなど、それぞれの目的に応じて正しいマシンを利用することで、より効果的な施術が可能となります。

⁡店舗の雰囲気や設備で選ぶ

3つ目は、雰囲気や設備。定期的に通うなら、店舗が自分にとって居心地が良くてリラックスできる雰囲気であることも大切です。

清潔感のあるパウダールームや充実したアメニティも判断ポイント。行く前にあれもこれもと準備が必要だと面倒になりやすいため、なるべく手ぶらで気軽に行けるところを選ぶのがおすすめです。⁡⁡

サポート体制で選ぶ

4つ目は、サポート体制。セルフエステは自分で施術をするという特性上、わからないことがあった時や困った時に頼れるスタッフがいると安心です。

マシンの説明だけではなく、美容やダイエットに関してアドバイスをもらえれば、通うモチベーションもアップ。不安や悩みを解消しながら、楽しくセルフエステに通えます。

⁡⁡⁡以上のポイントをふまえて、総合的におすすめなのがDiDiA。セルフエステが初めての方でも安心して通える細やかなサービスや、豊富なプランが揃っています。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

 

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「didia」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。

「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、お部屋のベッドメイキング、徹底した衛生管理を行っております。店舗の掃除はもちろん、アメニティの充実など。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどを30分程度の動画にまとめ、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

まとめ

セルフエステは、ライフスタイルや目的に応じて、好きなペースで通えるのが大きなメリット。いくつかのお店を比較して、最適なプランや施術を選ぶことが大切です。セルフエステを上手に利用して、理想の自分を目指してみてはいかがでしょうか。

セルフエステの主なトラブルとは?予防法や利用時の注意点などを解説

近年、セルフエステのトラブルが増えていますが、ほとんどのトラブルは予防することができます。トラブルを予防するには、ユーザーがリスクや注意点を理解しておくことが欠かせません。

この記事では、セルフエステの主なトラブル、利用時の注意点、トラブルを防ぐポイントなどについてまとめました。セルフエステに関心がある方は、ぜひ参考にしてください。

セルフエステって安心して通える?

セルフエステに関心があるけど、トラブルも多そうと心配な方もいるかもしれません。確かにセルフエステのトラブルは増えていますが、誤った使い方をしたことや、契約内容を十分に確認しなかったことが原因のトラブルも多く見られます。

具体的にどんなトラブルがあるのか、ご紹介します。

セルフエステの主なトラブル

セルフエステは、気軽に利用できる分、さまざまなトラブルもあります。主なトラブルは、肌トラブル・契約に関するトラブル・機械故障や誤操作によるトラブルの3つです。

肌トラブル

1つめは、肌トラブルです。エステマシンの使用方法を誤ったり出力レベルの設定を間違えたりすると、赤みや火傷などの肌トラブルが起きる可能性があります。

例えば、超音波を照射するHIFU(ハイフ)という機器を使用して火傷した、神経麻痺になった、といったトラブルが報告されています。また、同じ部位に何度も照射したことで、肌がダメージを受けてしまうこともあるでしょう。

契約に関するトラブル

2つめは、契約に関するトラブルです。セルフエステでは、契約時のカウンセリングがない店舗もあります。丁寧な説明がない分、ユーザーが契約内容を十分に理解していないまま契約してしまうことがあるのです。

例えば、「解約を申し出たのに、3ヶ月間継続しないと違約金が発生する、と言われた」「一定期間の継続が条件の、入会金や初月会費無料キャンペーンと認識していなかった」といったケースで、解約時にトラブルに発展しやすいです。

機械故障や誤操作によるトラブル

3つめは、機械故障や誤操作によるトラブルです。「ラジオ波・超音波が出る機器を使用したら、機器の温度が非常に熱くなっていて火傷した」というトラブルの場合、機械の故障の可能性があります。

また、ユーザーの誤操作によるトラブルだと、「より効果を出したくて、薄い皮膚の箇所に高レベル照射を行ったら火傷した」などが代表例です。

セルフエステでトラブルを防ぐポイント

セルフエステは気軽に利用できますが、慎重に使う必要があります。トラブルを防ぐには、以下のことに注意してください。

機器を正しく使う

機器を正しく使うのは、トラブル予防の基本です。セルフエステでは、自分でエステマシンを扱います。家庭用機器よりも出力や効果が大きいので、正しく使わないと危険です。

誤った使い方をすると、十分な効果を得られない上に、肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

使い方がわからない場合はスタッフに聞く

使い方がわからないときは、不明点をそのままにせず、スタッフに聞きましょう。自己流で機器を使うと、非常に危険です。

スタッフが常駐していないセルフエステの場合、使い方を説明している動画を見ることになるため、スタッフにその場で質問することができません。安全面を考慮すると、スタッフが常駐しているセルフエステの方がよいでしょう。

同じところに繰り返し照射しない

セルフエステ初心者に多いのが、同じ箇所に何度も照射する「打ち漏らし」です。「ずれてしまったかも」と何度も同じ個所に照射すると、肌に強いダメージを与えることになります。その結果、やけどになることもあるのです。

セルフエステの際は、肌への負担を考えて、同じところに繰り返し照射しないでください。

顔のお手入れは特に慎重に

顔のお手入れをするときは、特に慎重になる必要があります。顔の皮膚は、全身の中で最も薄く、とてもデリケートな部分です。顔と身体では、照射のレベルも異なるので、事前にしっかりとスタッフに確認しておきましょう。

セルフエステ初心者は、まず体のお手入れから始めて、慣れてから顔のお手入れをすることをおすすめします。

異変があったらすぐに中止する

セルフエステ中、またはセルフエステ後に、赤みや腫れが出るなど、肌や体に異変を感じるケースもあります。セルフエステ中の場合、速やかに中止してください。そして、すぐに医療機関を受診して、治療を受けてください。その際、操作したエステ機器や操作方法について説明できるようにしておきましょう。

使用頻度を守る

使用頻度を守ることも、トラブル予防に欠かせません。月額使い放題だからといって、気になる部位を頻繁にお手入れしたら、肌や体にダメージを与えてしまいます。

セルフエステ後の肌は、ダメージを受けて疲れた状態になっています。一定期間肌を休ませて、丁寧にスキンケアを行いましょう。

また、エステマシンには、それぞれ適切な使用頻度があります。使用頻度をセルフチェックするには、「どこ」に「どのくらい」照射したかを記録しておくことをおすすめします。使用頻度を守らないと、肌トラブルや逆効果になることがあるので、十分に気を付けてください。

生理中・生理前後は利用しない

生理中・生理前後は、ホルモンバランスが崩れているため、肌の状態が不安定です。通常ならセルフエステで肌トラブルにならなくても、生理中・前後は、赤みやかゆみなどの肌トラブルになることがあります。

生理中・前後は、セルフエステの利用を控えましょう。また、体調が悪いときも、無理せず休んでください。

料金や解約方法を確認しておく

契約前に利用料金や解約金について、しっかりと確認しておきましょう。一見お得な金額でも、継続利用や当日契約が必須などのルールが設定されていることが多いです。

一般的に、契約は自動的に更新されることが多いので、解約手続きをしないと有料プランに切り替わる可能性があります。契約書に不明点があったら、そのままにせず、すぐに質問してください。

店で契約書の全文チェックが難しい場合、一度持ち帰って、家でしっかりと確認・納得した上で、契約することをおすすめします。

万が一、セルフエステでトラブルがあった場合の相談先

セルフエステでトラブルがあった場合は、消費生活センターまたは消費生活窓口にすぐに相談してください。188番にかけると、最寄りの消費生活センターや消費生活窓口を案内してもらえます。

肌トラブルや契約トラブル、機械故障や誤操作によるトラブルなど、不安に思ったことやトラブルになったことなど、何でも相談してみましょう。

また、肌のトラブルならば、医療機関を頼るのも、おすすめです。信頼できるかかりつけの皮膚科を見つけておくと、いざというときも安心です。自己流で治そうとしたり、放置したりすることは避けてください。

話題のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」とは?

 

月額制・完全個室のセルフエステティックスタジオ「DiDiA」は、キレイになりたい全ての女性のためにあります。エステサロンで実際に使用している高機能なマシンを自分で操作して施術するので楽しみながら自分でケアすることができます。人目を気にせず、自分の「キレイ」にとことん向き合っていただける空間を「DiDiA」は、演出します。心も体も美しく変わっていく自分をぜひ「DiDiA」で感じてみてください。

経験豊富なスタッフと一緒に結果にコミットできる

私たちが大事にしているのは「結果」です。セルフエステと聞くと、全て自分がやり、自分自身で期待する効果を出さなければならないと感じる方は少なくありません。そのため、「マシーンの使い方がわからない」「ちゃんとキレイになれるか不安」「モチベーションが続かない」など。セルフエステならではの不安や悩みから一歩踏み出せない方もいるかもしれません。

「DiDiA」には、長年エステ業界に携わり、厳しい社内の美容研修を受けたスタッフが配備されています。単なる受付スタッフではなく、美容のプロとしてお客様の悩みや困りごとに的確にお答えします。コミュニケーションを大切にしているため、セルフエステと言えど一人ではありません。

シンプルで分かりやすい料金体系

美容室やネイル、マツエク、ジム通いなど、自己投資や習い事に毎月どのくらい必要か、いくらなら使えるかと考える方は多いはずです。「DiDiA」は、月額制の分かりやすい料金体系のため、あなたのライフスタイルに合わせてお好きなプランをお選びいただけます。「キレイにはなりたいけど、そこまでお金はかけられない」「脱毛だけ集中的にやりたい」など目的に応じてプランをお選びいただくのもOKです。

ご自身のライフスタイルや予算に応じて、無理なく継続的にご利用いただけます。また、施術の際に使用する美容商材も月額制に含まれているので、追加料金もありません。どうぞご安心ください。

非日常の空間で最新のマシンを利用できる

私たちは、マシンやお部屋の掃除など、徹底した衛生管理を行っております。お客様が不便や不快な思いをされないよう清潔感のある店内を維持しております。また、店舗の内装にもこだわり、お店ごとに異なるコンセプトで運営しております。非日常空間で自分磨きができるので、自己肯定感がアップすること間違いなしです。

マシンの使い方を動画で確認できる

DiDiAでは初心者の方でも安心してマシンを使用できるよう、数種類の動画を提供しています。

「最初に説明を受けただけでは分からない」
「何度も使い方をスタッフさんに聞くのが恥ずかしい」
「エステを受けたことがないから正解が分からない」

このような悩みにお答えできるよう、マシンを使用する上での注意点や使い方、流れなどが動画にまとめられているので、お客様は真似をしながら施術できます。

最初から最後まで自分で行うセルフエステにおいて、マシンの使用方法は最も不安に感じるポイントです。DiDiAでは最大限効果を得られる使い方をしっかりレクチャーできるよう、様々な方法でサポートしています。

セルフエステは使い方や頻度を守ること!不明点があったらすぐに質問しよう

 

セルフエステは、使い方や頻度を守ることが必須です。使い方や契約方法などで不明点があったら、すぐにスタッフに質問してください。十分に理解した上で、契約・機械を使用することが、トラブルの予防につながります。万が一トラブルが発生したときは、1人で悩まず、消費生活センターや皮膚科に相談しましょう。